エンディングノート、聞いたことはあっても実際なんの事だかよくわからない方もまだまだ多いのではないでしょうか。

遺言のような難しい手続きを踏むものではありませんが、どこの葬儀社で執り行って欲しい、誰を呼んで欲しい、火葬のときの服装や遺骨の処遇などをご遺族に簡単にわかりやすく説明できる日記のような役割のものです。

ご自身が死んだとき、のこされた家族が困らないようにしたい、というのは誰しもが思うことですが、それを叶えるのはなかなか難しいです。

法的に有効な遺言を専門家に依頼するにもお金がかかります。

しかしエンディングノートであれば、気軽に思いついたときに書き記すことができて便利です。

エンディングノートの一番のメリットはのこされた家族に向けて感謝の気持ちを伝えやすいという点です。

生前恥ずかしくてなかなか言えなかった言葉、伝えたい事を、日記形式で記していくことで、のこされた人へのメッセージがのこせるのですから。

終活、なんていう言葉が流行っていましたが、のこされた家族のことを考えることに年齢は関係ありません。

今すぐにでも始められるエンディングノート、ぜひお試しください。