ご遺族には、やるべきことが多くありますが、その中でも精神的にも肉体的にも大変なことがご遺品整理です。

のこされたご遺族を見ると、思い出が蘇りまだ辛い時期もあります。

しかし、相続税のかかるものは早めに対処することがおすすめです。

現金や預貯金などの、財産は早くすることで解決ができます。

お金のことを、あまりはっきりしない場合が日本ではありますが、相続税などを考えるとやはり一番早くしておく方が安心できます。

もしわからない場合は、専門家に依頼することも大切です。
そうすることで、重加算税が発生する可能性があるものがなくなります。

次にそのご遺品整理を終わらせる時期は、部屋を空け渡す時期などに合わせると計画がしやすくなります。

そして、形見分けには49日後に親戚が集まる法要に故人のご遺品を分けることが最適です。

親戚に形見分けをするには、やはりそれまでにご遺品整理を終わらせておくとスムーズに運びます。

ご遺品整理の量が多くあるときや、片付ける時間が無い時などは、専門のご遺品整理の専門業者に頼むことが出来ます。

いずれの場合も、早目にした方が故人の供養にもなります。