死後、身のまわりのものが残っていると、ご遺族や親族が処分することになるので迷惑がかかると思い、生前整理をしたいと考える方が増えています。

もし、生前整理を手伝ってほしいといわれたら、否定的な言葉は絶対に使わないようにして、決して出張るのではなく、サポートする立場でお手伝いをしましょう。

価値観は人それぞれですから、捨てたほうが良いと感じたものであっても、人によっては思い入れのある大事なものということがあります。

身の回りのものは何であれ、多少思い入れがあるものですから、捨てるのは悲しいと感じる方も多いでしょう。

なので、汚いから捨てたほうがいいと言ったり、使わないから捨てた方が良いなどの否定的な言葉は絶対に使わないようにしましょう。

急がせず、その人がご自身から捨てても良いと決心するまで待つようにします。

また、生前整理は前向きな作業であることを伝えてから始めるといいでしょう。

必要のないものを処分し、身軽になって快適に暮らすために有意義な作業であることを認識すると、物を整理しやすくなります。