核家族化や少子化が進み、ご自身の死後、のこされた子どもに負担をかけたくない、軽減させたいと思う方が増えています。

エンディングノートを作成し、のこされた人達が困らないよう備えている方も珍しくないようです。

生前整理もその準備の一環です。
では、具体的にどのように進めたら良いものでしょうか。

生前整理を開始する時期は人それぞれです。

しかし体力もある退職後から少しずつ進めると、その後の生活もシンプルで快適なものになる利点もあるようですよ。

ご遺品整理は、のこされたご家族にとってはつらいものです。

いつ病気になるのかも誰にも分かりませんし、早めに手がけるに越したことはないでしょう。

ご遺品整理は、ご自身の手で行う方が良い理由もあります。

誰しもご自身だけの秘密にしておきたい物はあるものです。

死後とは言え、それが人目に触れるのは良い気がしないですよね。

なので見られたくないものは捨てる、これが出来るのは生前整理のメリットです。

また大型家具や家電などの府王品は、足腰が弱くなっていると、思わぬところで怪我を起こしてしまう可能性が高まりますので、専門業者に頼むと良いですよ。

怪我をしては元も子もないので、少しでも体力に不安がある時は外注することをお薦めします。