近年、孤独死の問題が非常に多くあがってきていますが、
増えてしまう理由としては、核家族化によって
遠方に子どもがいる場合というのが多いものとなっています。

やはり、高齢者にとって
一番身近な存在というのは子どもである場合が多いです。

近所に子どもが暮らしている人の場合には
頻繁に連絡を取り合ったりすることになりますから、
孤独死というのは起きにくいものとなっています。

しかし、遠方に住んでいると、なかなか様子を見ることもできずに、
気づいた時には孤独死をしている、ということは少なくありません。

そのため、孤独死をなくすためには
定期的に連絡を取ったり、
地域のコミュニティーを持っておくことが重要となります。

子どもが様子を見に来ることができなくても、
地域コミュニティーを持っておけば、
定期的に気をかけてくれる人がいるわけですから、
なにかあった時にもすぐに気づいてもらうことができ、
孤独死を避けることができるのです。

これから先高齢化社会がより加速する現状では、
孤独死を防ぐための対策というのは
あらかじめ、しっかりととっておくことが重要な事になります。