遺品整理,生前整理,

最近では遺品整理をご遺族が自ら行うのではなく、専門業者に頼むケースが増えてきています。

ご遺品とは、故人が生存中に所有していたもので、死後のこされたものをさします。
故人の方の思い出が詰まったものや故人が大切に使っていたもの、形見であったりご遺族が継続して使用するもの、
知人に分配するもの、財産としての価値のあるものなど、様々なものがあるでしょう。

これらを整理・処分するのに「気持ちがつらい」という感情をもたれる方がよくご遺品の整理を依頼されます。
また、ご遺品の整理の際、どれが本当に必要でどれが不要なのかということはなかなか判断がつきづらくわからないものです。
不用品は地域によって分別の方法が違いますので、仕分けには注意が必要です。

そして整理する物量が少量であればまだ良いのですが、故人が物を大切にされていたことで物量が非常に多くなってしまった場合は、
分別・搬出等の作業に掛かる労力や時間を考えると、とてもご遺族の方々の手には負えなくなってしまうのです。

遺品整理を専門業者に頼むのは世間一般的にどうなのだろう?と思われがちではありますが、
高齢化社会と核家族化が進行している今、遺品整理をを専門業者に頼む人は増えています。

もし遺品整理でお困りの方がいらっしゃいましたら、いつでもココピアへご連絡ください。
遺品整理のプロがお客様にとって一番良い方法をお教えいたします。