遺品,着物,処分,

遺品整理は
故人との大切な思い出や、のこしておきたい
というものだけをのこすものですが、
大切な故人のものだと思うと、なかなか捨てられないですよね。

でも、すべてをいつまでも置いておくわけにはいきません。
捨てなければいけない、でも捨てたくない、
という思いで葛藤することでしょう。

まず、故人のものを捨てるということは
決して悪いことではありませんし、
故人との思い出がなくなってしまうということでもありません。

捨てたくないものを捨てる時は、
故人を思い浮かべて心の中で
「これはどうかな?」と聞いてみましょう。

故人の性格や話し方を知っているご遺族なら、
どんな風に返事をしてくれるか想像できますよね。

ご遺族は捨てたくないと思うものでも、
故人が生きていたら 「それは捨てて良いものだよ」と言うだろうな…と思うと捨てやすくなると思います。

遺品整理は
故人に挨拶やお別れをすることでもありますから、
ご遺品の一つ一つと対話をしながら、
進めるといいのではないでしょうか。

もちろんこれだけは捨てたくない、
というものを無理やり捨てる必要はありません。
捨てたら後悔しそうと思うものは、しっかりお手元に置いておきましょう。