生命保険,請求,

ご家族が亡くなられた時に、
生命保険金を受け取る場合がある方もいると思います。

生命保険金請求には手続きがあります。
誰しも生命保険金を請求することは
そんなに経験しないことでしょうから、
手続きがよくわからないという方も多いと思います。

そこで今回は、生命保険金請求の手続きについてご説明します。

生命保険金は、その受取人をされている方が
保険会社に連絡を行うことで手続きができます。

電話で連絡すると、
ご自宅に手続きの書類を送付してもらえますし、
直接保険会社に行っても問題ありません。

細かい手続きは、保険会社によって異なる部分もありますが、
請求の時に必要な書類は
・保険の保険証券
・死亡診断書
・被保険者の除籍謄本
・受取人の戸籍謄本
・受取人の印鑑証明書
の5つが必要になります。

そして手続きが完了すると、
数日から数週間で振り込まれることになります。

以上が保険金請求の手続きになります。

ここで注意しておきたいのが、
生命保険金を請求できる期間についてです。

一般的に、生命保険金の請求期間は
亡くなってから3年までとなっていますので、
悲しくてなかなか手続きができないという方も、
できるだけ期間までに手続きをとることをおすすめします。