相続,終活,

親族の方が亡くなって、遺産を相続した場合、
相続した方には相続税がかかりますよね。

できれば、税を払いたくない、
できるだけ支払う税を少なくしたい、という方も多いと思います。

どうしても税が払えない場合は、
仕方なく不動産等を売却しなければならないこともあります。

そこで、今回は相続税を少しでも減らす方法をご紹介します。

相続税は生前に対策をすることで、減らすことができます。

相続税を減らすには相続する財産を減らすことと、
その価値を下げることです。

相続する財産を減らすというのは、
お金を生きている時に使ってしまったりすることではありません。

生きている時に財産を「贈与する」という形で渡してしまいます。

年間110万円までは贈与税もかかりませんので、
毎年110万円ずつを贈与していくといいですね。

そうすることで、相続する財産は減らすことができます。

もう一つは、価値(評価)を下げることです。
不動産などの価値は大きさなどはもちろん、
使用状態によっても変わります。

もし、使っていない不動産をお持ちの場合は
賃貸で貸し出すことをおすすめします。

他人が使用したということで価値が下がります。
のこされたご遺族が困ることのないよう、
対策しておくことも大切ですね。