散骨,海洋葬,樹木葬

自然葬の中に散骨というものがあります。

散骨とは、ご遺骨を粉末状にして自然にまくという方法です。

故人が希望されていたり、
事情によりお墓を建てられないけれど、
家の中にずっとご遺骨を置いておくのも
見るたびに思い出してしまうし、
ご遺骨には独特の臭いがありますのでそれも困る、
という方で散骨される方もいらっしゃいます。

散骨する場所としては海、山(樹木葬)が一番多く挙げられます。

海は沖から一定の距離が離れていれば、
どこでも散骨することができますが、
船を出さなければならないので
多少費用はかかります。

山(樹木葬)で散骨する場合は注意が必要です。
日本はきちんと届け出された墓地でしか散骨はできません。
お墓を買うよりは安くすむかもしれませんが、まぁまぁ費用はかかります。

もう一つ、空からまく方法もあります。
しかし、これは船と同様、
ヘリなどを使うことになるので費用が高くつきます。

散骨は、故人との思い出の場所や希望の場所までご遺骨を持って行き、
そこでお別れすることができる方法です。
葬儀の1つのカタチとして、考えてもいいかもしれませんね。