遺品整理、注意点

いつ遺品整理をすることになるかはわかりませんよね。

そんな時に、何もわからないまま業者に依頼するのは不安があるものです。

そこで今回は、依頼する際の注意点について簡単にご紹介します。
 
一つ目に、遺言書がのこされているかを確認しましょう。
 
遺言書というのは、多額の資産を持つ方がのこす物、というイメージを持たれる方は多いですよね。
 
しかし、遺言書はどなたでも作成でき、本来のこすべきものなのです。
 
遺言書と言うと、遺産相続のイメージが強いですが、遺言書は最後の思いを伝える文章であり、遺産だけでなくご遺品に関して書かれていることもあります。
 
また、場合によっては整理の方法が変わることもありますので、必ず確認しておきましょう。
 
二つ目に、遺品整理をする時期についてです。

遺品整理はできるだけ早く行った方がいいでしょう。
 
故人様のご遺品だから整理を急がなくても良いと考える方も多いですが、早めにするに越したことはありません。

今年の5月26日〜空き家対策特別措置法も施工され、措置の対象になれば強制対処となり、土地の固定資産税が最大6倍に跳ね上がります。

空き家対策特別措置法について → http://www.tochikatsuyou.net/column/akiya-hou/
 
遺品整理を早く行うことで先ほども述べた遺言書など、無いと思っていたところから見つかることもよくあるので、整理に早いということはないのです。