遺品、写真、ネガ

ご遺品整理をする時に、ご遺族が処分に困ってしまうものがあるものです。
今回は、どんな物が処分に困るのかについてご紹介します。
 
一番困るものは、写真です。
 
特に、数え切れない程ある場合です。
同じような写真であっても、写真というのは捨てるに捨てられないものですよね。

だからと言って、すべてをとっておくのも意外と場所をとるものなので、元気な内にご自身の身の回りの物は整理しておくほうが良いでしょう。

その他にも、布団やコレクションなども難しいですよね。

布団は大変かさばる物なので場所をとりますが、捨てるかどうかは迷ってしまいます。

コレクションに関しましては、故人様が大事にしていたものであったとしても価値がわからず、処分に困りますよね。普段からコミュニケーションをとっておくと、どのくらいの価値があるかもわかるので安心ですね。

通常、すべての物をのこしておくことは難しいので、
いらない物や使わない物は思い切って捨てることもある程度覚悟しておきましょう。
それでも、捨てることに抵抗がある場合は、あげたり、寄付するといった選択肢もあります。

遺品整理はご遺族に負担がかかってしまうものです。
ご遺族の心の負担を軽くするためにも、身辺整理を少しずつでもいいのでご自身で行うことも大切ですね。