形見分け

親がのこしてくれた思い出の品を家族で形見分けをする。

そればかりか故人(親)と親交のあった人たちにも
故人を偲んでもらうために思い出の品物を贈ること、
それも形見分けです。

この形見分けにもルールがあることをご存知でしょうか?

形見分けを行う時期は仏式なら49日で
神式では三十日祭や五十日祭です。
キリスト教は、1ヵ月後の召天記念日が目安です。

まず、故人からみて目上の人に形見分けを行ってはいけません。
しかし、目上の人からの希望がある場合は行っても良いとされています。

受け取る人の意志を尊重することが重要です。
「せっかくの形見分けを受け取らないとはなんて失礼な奴だ!」
と勝手に考えてはいけません。
あくまで形見を受け取る側の気持ちを優先しましょう。

ある程度手入れを行ってから形見分けを行いましょう。
ほこりや汚れは落とし、洋服などはなるべくクリーニングをしてから渡すのが一般的です。

梱包は行わないのが一般的です。
箱に入れたり包装したりせず、
半紙などで簡単に包み直接手渡しするのがマナーとされています。