生前相続

近年「生前相続」や「生前贈与」等の言葉をよく耳にしませんか?

今回「生前相続」や「生前贈与」が増えている理由についてご紹介します。

相続税が課税されるのは全体の一部であり、
多くの相続財産をのこした場合に限られるという
イメージをお持ちの方は多いと思います。
しかし、平成25年から基礎控除額が引き下げられたことは
ご存知でしょうか?
そのころから生前相続が増え始めました。

一番大きな理由としては、税金対策が挙げられます。
法改正で、相続税の課税が起きやすくなりました。
法改正前の金額から約四割も下げられたので、
今まで非課税の人も課税になる恐れが増えたのです。

なので、生前にある程度分けておく方がご遺族にとっても
負担を軽減することができます。

二つ目には、遺産関係のもめ事を減らしたいという思いも含まれております。

遺産の相続で争いになりそうな財産や
分割することが難しい財産を生前贈与することで、
相続争いが避けられる可能性が高いのです。

生前相続をすることで、ご遺族の負担を減らすことにつながります。