喪服、マナー

本来喪服とは、ご遺族が「喪に服している」ということを意味するものです。

正式(モーニング・和装など)と
略式(ブラックスーツ・ブラックフォーマルと呼ばれるもの)があります。

参列する側は、故人を偲ぶための正装をするという意味で、
略式の礼服を着用する場合が多いです。

仮に正式のものを持っていたとしても、
親族よりも格が上にならないようにするため、
略式の喪服を着用するのがマナーです。

また、喪章はご遺族ということを示す目印なので、
喪章を腕に巻くことで喪服代わりになるという考えは誤りです。

このようにいろいろと決め事の多い喪服について男性・女性で簡単にご説明を。

通夜はグレーのスーツや地味な色で良いとされますが、
急ではない限り、ダークスーツや葬儀用のスーツの着用をおすすめします。

特に女性は、ネイルや、メイクなどを派手目にしない様に気を付けましょう。

男性の場合はネクタイピンや時計などの光るものは身に着けない様にしましょう。