高齢化、孤独死

現在の日本では少子高齢化もあって、
独り暮らしをしている高齢者が、多くみられるのが現状となっています。

このような状況が、これから加速していくのは周知の通り。

独り暮らしをしている人たちには、
親戚が遠くに住んでいる方も多くみられます。

このため、頻繁に様子を見に行くことが難しい状況になっていることからも、
地域の方との交流が重要と考えられています。

自治体では、高齢者や障害のある方などの孤立を防ぐために、
定期的な見回りをしている地域もあります。

民間事業者が業務のために孤立している個人の家に訪問した際に、
何らかの異変を感じて生命に関わる危険性があると予見した場合には、
市町村や警察、消防署に通報する取り組みを行っている地域もあります。

誰にも気づかれないで亡くなってしまった場合には、
発見が遅れるとご遺体の腐敗や死臭、雑菌や害虫が大量に発生してしまいますので、
孤独死を防ぐ取り組みはとても大切になります。

そのためには、まず地域の方との交流が重要といえるでしょう。