遺品整理、生前整理

遺品の整理というのは、
膨大な量の荷物や不用品が発生することが多いので、
個人でやるのはなかなか大変なものです。

しかし、亡くなった方への想い入れがあるからこそ、
家族のものは自分たちで片付けたいと考える人も多いでしょう。

確かに、故人の遺したものを一つ一つ確認しながら、
処分したり形見にするものを選び分けていくということは、
大事な作業であると言えます。

一番のコツとしては、まず物量を減らすこと。
必要でないと判断したものは、リサイクルショップやフリーマーケットに売りにいく。
紙類や新聞、本はそれぞれ仕分けして、製紙工場などのリサイクルできる場所へ持っていく。
貴金属や骨董品・美術品は道具屋さんなどで鑑定してもらい、その後の行き先を決めていく。
その他、整理するとどうしても出てしまう不燃物等の処分品に関しては各地域別の役所にお問合せして頂き、クリーンセンター等に持ち込んで頂く。
これだけでかなりの物は減らせます。

詳細を言えば他にもありますが、このような各種手配・手続き・段取り・実作業があります。

廃棄業者を手配したり、トラックを借りたり、
運搬から清掃まで、作業は多岐に渡るので、
素人には難しい場合もあります。

そういう時には、遺品整理の専門家に一度問い合わせて頂ければ、
処分に困る遺品について、
より簡単に対応できるようにアドバイスを差し上げることも可能なので、相談してみるといいでしょう。